バイク便についての詳細を知りましょう

バイク便の存在は知っているけど、どのようなものを運んでもらえるのか疑問に持っている方は案外多いのではないかと思います。
車と違って、バイクは大きいものや重量物の配達は難しいと考える向きもありますが、これは会社にもよりますが、ほとんどのものに対応します。
書類はもとより、割れ物や貴重品はどうか、あるいは食品や現金などは問題なく運んでもらえるのか、このようなよくある疑問に当サイトはお応えできますので、どうぞ参考にしてください。

バイク便で書類を運んでもらう

バイク便で書類を運んでもらう バイクの特性として、渋滞道路でも素早く移動できる特徴があります。
車で渋滞した道路でも、区間によっては車列をすり抜けて走行できる物理的な特性から、東京23区・大阪の繁華街など、渋滞がよく発生している都市ではバイク便が重宝します。
車を使った宅配便は、日本のどこからでも翌日の配送ができますので、緊急性を要しないものは宅配便が使われますが、それ以上に急ぐもの、数時間単位で送る必要があるものについてはバイク便がよく利用されます。
主に企業において使われることが多く、連絡文書・出版物の原稿・写真・書類などが対象になることが多いです。
インターネットでもやりとりが可能ですが、機密性がある書類や、電子化できないものを迅速に輸送する手段として、バイク便は一定の需要があります。

バイク便で働くときには雨対策が重要になります

バイク便で働くときには雨対策が重要になります 雨の日はバイク便は視界も悪化してしまい雨が1日中、降っているときには体力が消耗してしまいます。
ですのでバイク便にとって雨対策は重要です。
まず靴については長靴が水を全く通さず快適に過ごすことが出来ます。
突然雨が降ったときのために、念のためブーツカバーも用意しておくと良いです。
ハンドルカバーとグローブはネオプレーンの素材のものを選び、上着は網状の裏地が無い合羽にすると着たり脱いだりしやすいので快適に過ごせます。
ちなみに2着の合羽を持っていると濡れてしまった方は自宅で乾かしておいて、もう1着の乾いた方を着ることが可能です。
しかも、1着の合羽を着用し続けるよりも長持ちします。
バイクとヘルメットのどちらのシールドに固形のワックスを前もって塗っておくと、走行する度に水滴が流れ落ちて視界が良好になるので安全性のためにも重要です。
そして、雨が降ったときに忘れてはいけないのが、お客様のところに伺う前に雨露を拭い取るためのハンドタオルになります。
雨の日にバイク便のライダーとして働くときには、お客様からも労いの言葉をかけられることも少なくありませんが装備を揃えてから対応するとお客様も自分自身も快適に接することが可能です。

バイク便詳細リンク

バイク便